ワークプロファイル

Android 5.0-

ワークプロファイルは、管理デバイス内の領域を個人データ・設定を「ユーザプロファイル」、仕事用データ・設定を「ワークプロファイル」に分離する機能です。
Androidデバイス内に、管理者から配付された仕事用のアプリケーショングループが表示されます。

管理者は、仕事用のアプリケーションのみ管理可能で、ワークプロファイル内のアプリケーションにのみ機能制限を与えたり、管理デバイスを紛失した際等には、ワークプロファイル内のアプリケーションやデータのみを消去することが可能です。 仕事用のアプリケーションにはカバンアイコンが付きます。同一アプリケーションを、仕事用と個人用の独立した2つのアプリケーションとして使い分けることも可能です。

BizMobile Go! では、この「ワークプロファイル」を利用することによって、BYOD(Bring Your Own Device: 私用端末の業務活用)導入時に公私分離したデバイス管理が可能です。ワークプロファイルを利用する場合には、チェックインの際にデバイス側でワークプロファイルの設定をする必要があります。ワークプロファイルの設定手順は、以下の通りです。