App Store(iOS)アプリ

iOS

App Store上のアプリケーション情報を作成する方法は以下の手順になります。

  1. 【構成】 → 【アプリケーション】画面から[作成]をクリックします。

  2. 展開されたアプリケーション情報入力画面で必要な情報を入力し、[保存]します。
    入力項目(★は必須項目です)
  3. OS

    iOSを選択します

    タイプ

    「AppStore」を選択します

    名前★

    アプリケーションの管理上の名前を入力します
    空欄の状態で、「アプリケーション名」 を指定すると、App Store上のアプリケーション名称が自動的に入力されます

    アプリケーション名★

    アプリケーション名もしくはアプリケーションのAppStore IDにより、検索します

    識別子

    有効なパッケージ名に対して、自動的に補完入力されます

    管理対象とする

    「はい」固定となります

    Modified管理フラグ

    必要な場合はチェックします
    • 「MDMプロファイルが削除されたらアプリも削除する」・・・BizMobile Go!の管理からデバイスが外れた際、このアプリケーションを削除したい場合はチェックします
    • 「アプリのデータのバックアップを許可しない」・・・アプリケーションのデータをバックアップ対象から外したい場合はチェックします

    デフォルト属性

    Per-App VPN の設定機能に使用します

    サンプル:{"VPNUUID":"FFEC64C0-E181-11E3-8B68-000000000000"}

    デフォルト構成

    本機能に対応したアプリケーションの場合のみ、作成時にアプリケーション内に任意のタグを定義することができ、その値を設定することができる機能です

    「作成」ボタンをクリックすることで入力フォームを利用して値を設定することができます
    詳細な説明については、アプリケーション設定を配付する(デフォルト構成)をご参照ください

    テンプレート

    このアプリケーションを登録するテンプレートを選択します。テンプレートをまだ作成していない場合、この項目の入力は不要です(テンプレート作成時に、テンプレート側から選ぶこともできます)


    各アプリケーションにおいて、「識別子」「名前」「バージョン」 のいずれかが異なれば、サーバへアップロードが可能です。
    ただし、デバイス内部では「識別子」にて管理されるため、配付を行うテンプレートへは「名前」あるいは「バージョン」が異なっていても、同じ「識別子」のアプリを複数割り当てることはできません。

  4. 「作成しました」のメッセージが表示されれば完了です。
    アプリケーション名はリンクになっているのでクリックすると詳細情報へジャンプできます。

アプリバージョン情報

アプリ作成後、アプリ詳細を開くと、アプリバージョンを確認できます。
また、そのアプリに更新があった際には、更新情報をサーバで検知した日時を表示します。

アプリケーション自動管理設定について(iOS9以降のみ)

App Store上のアプリケーション自動更新設定について(iOSのみ)

以下のいずれかの条件では、MDMからの命令でのみアップデートが可能となりますので、アップデートを行う際は「自動更新」の利用が必須となります。
  • VPPを利用してアプリを購入している
  • プロファイル制限でアプリのインストールを禁止している