Apple Push 証明書の取得と登録を行う

Appleデバイス管理を行う場合、初回ログイン後、Apple Push証明書の登録を行います。
この手順はAppleデバイス管理のために必須となります。
※Windows PCをご利用の方は、この作業においてはGoogle ChromeまたはMicrosoft Edgeをご利用ください。

  1. 設定→ユニット詳細→Apple関連設定→Apple Push 証明書 をクリックします。
  2. 「ステップ1:CSRファイルをダウンロード」 をクリックすると、CSRファイルのダウンロードが行われます。
    ダウンロードしたxxxxxxx.csr(ファイル名はダウンロード毎に異なります)は、この後 Apple サイトへアップロードします。
  3. 「ステップ2:Apple Push Certificate Portal」 をクリックします。
  4. Appleのサイト「Apple Push Certificates Portal」がブラウザの別タブ(設定によっては別ウィンドウ)で表示されます。
    • Appleのサイトが表示されない場合は、ブラウザの表示倍率を100%に設定してください。
    • ブラウザの翻訳機能を有効にした状態で作業を行うと、正しく動作しない可能性があります。
      ※Apple Push Certificates Portal は英語サイトです。日本語で表示されている場合には、翻訳機能が有効になっていることが考えられます。
    • Apple IDにてログインします。デバイス管理用にユニットIDを使用してApple IDを新規作成することをお勧めいたします。個人のApple IDの利用はお避けください。
      ここで利用するApple IDは、1年ごとに行う必要のあるApple Push 証明書の更新時にも利用します(「Apple Push 証明書の更新を行う」を参照ください)。
      紛失してしまうと、全Appleデバイスの再登録が必要となってしまいますので、IDとパスワードは厳重に保管してください。
  5. ログインに成功したら、[Create a Certificate]をクリックします。

  6. この画面が表示されたら、「I have read and agree to these terms and conditions.」にチェックを入れて、[Accept]をクリックします。

  7. ステップ1でダウンロードした証明書ファイル「xxxxxxx.csr」を指定し
    [Upload]をクリックします。

  8. アップロードに成功して画面が切り替わったら、[Download]をクリックします。ダウンロードが完了したら、[Sign out]をクリックした後、このサイトを表示しているタブ(設定によっては別ウィンドウ)を閉じます。
  9. 「ステップ3:証明書ファイルのアップロード」にて、ダウンロードしたファイル「MDM_ BizMobile,Inc._Certificate.pem」をアップロードします。
    「クリックしてファイル一覧から選ぶか、ドラッグ&ドロップしてください。」エリアで、クリックしてファイル選択画面からファイルを選ぶか、ファイルをドラッグ&ドロップして、[保存]をクリックします。
  10. 「証明書の更新が完了しました。 Push Key: External.xxxxxx….」というメッセージが表示されると、Apple Push証明書の登録完了となります。
  11. 設定→ユニット詳細→「Apple関連設定」の「Apple情報」の欄に、登録された証明書情報が表示されます。これで、Apple Push証明書の取得と登録は完了です。
  12. ※Apple Push証明書は一年ごとに更新が必要となります。更新の際には、上記で使用したApple IDが必要となりますので、忘れないようにApple IDをメモすることをお勧めいたします。
    設定→ユニット詳細→「Apple関連設定」の「Apple IDメモ」の欄で[Apple IDメモを編集]をクリックします。
    「Apple Push 証明書用メールアドレス」の欄にApple Push 証明書登録に使用したAppleIDを入力し、「保存」ボタンをクリックします。
  13. Apple Push証明書が切れてしまうと、デバイスの管理ができなくなります。そのため、Apple Push証明書に関するアラームが発生した場合に、指定したメールアドレスに通知メールが送信されるようにアラームメールの設定をお勧めいたします。
    設定→ユニット詳細→「一般」の「アラームメール」の欄で[作成]をクリックします。
    送信するアラームの種類:カスタムを選択し、以下のアラームを選択します。(選択するときはCtrlキー(Macの場合はcmdキー)を押しながらクリックして選択します)

    • Apple Push証明書の有効期限が切れています
    • Apple Push証明書の有効期限が30日後に切れます
    • Apple Push証明書の有効期限が7日後に切れます
    • Apple Push証明書が無効になっています

    アラームを通知するメールアドレスを入力し、[保存]ボタンをクリックします。
    Apple Push 証明書の更新が必要な場合に、指定したメールアドレスに通知が届きます。

    これでApple Push 証明書に関する設定は完了です。