アラーム一覧表

表示内容

説明

対応方法

深刻度

デバイスの登録が解除されました

管理デバイスが登録解除され、BizMobile Go!管理下から外れた時に発生します。

 

管理者による意図的な「登録解除」であれば問題ありません。右端のゴミ箱アイコンをクリックすると、デバイス情報を削除することができます。
デバイス利用者がプロファイルを削除した等、管理者の意図していない場合には、登録解除の理由をデバイス利用者に確認する等の対応が必要となります。

警告

別の管理番号でデバイスが再チェックインされました

一度登録されたデバイスが、異なる管理番号を使って再び登録された時に発生します。

以前のデバイス情報は直後に登録解除状態となりますが、デバイス利用者と状況を確認するなどの対応が必要となります。

警告

デバイスからの応答がありません

管理デバイスから(標準状態で)3日以上応答がない状態になると発生します。以下のような理由が考えられます。

  • 管理デバイスの電源が入っていない
  • 管理デバイスがネットワークに接続されていない
  • 管理デバイスを消去(ワイプ)したり、バックアップから復元することにより、デバイス登録が解除された

単に電源を落としているだけであれば、対応は必要ありません。 デバイス登録が有効である限りは、管理デバイスとの通信が回復した時点でデバイス管理が再開されます。
デバイスが登録解除されている可能性もあります。登録が有効かどうかわからない場合には、管理デバイスをネットワークに接続し、この通知が消えるか確認してください。このデバイスを管理する必要がなければ削除してください。

メジャー

デバイストークンが失効しています

サーバがデバイスへPush通知を送信した時点で、使用中のトークンが失効しているときに発生します。

右端の編集アイコンをクリックするとデバイス編集画面にジャンプし、チェックイン有効期限を延長することができます。
また、デバイス利用者へのリマインド等の対応が必要となります。

警告

デバイスのチェックイン有効期限が切れました

デバイスチェックインの有効期限が切れた時に発生します。

Appleデバイスの管理が不可能な状態となりましたので、Apple Push 証明書の更新やデバイスの再登録等、至急の対応が必要です。

マイナー

デバイスのチェックイン制限に抵触しているためチェックインできません

デバイスを作成した際に設定した「チェックイン制限」に合致しない情報を持つデバイスによってチェックインが試みられた時に発生します。

当該デバイスは自動的に登録解除されます。
チェックイン制限情報の誤入力であれば、デバイス情報を再作成することになりますが、そうでない場合は正しいデバイス利用者がチェックインを行っているかどうか確認を行うなどの対応が必要です。

警告

Jailbreakされたデバイスが検知されました

AppleデバイスがJailbreak状態となっていることが検知された時に発生します。

JailBreakを許容しない場合、デバイス利用者にJailBreak状態を解除してもらう必要があります。
メッセージサービスが利用可能な場合、アクションアイコンからメッセージ送信画面にジャンプすることができます。

警告

Root化されたデバイスが検知されました

 

AndroidデバイスがRoot化状態となっていることが検知された時に発生します。

Root化を許容しない場合、デバイス利用者にRoot化状態を解除してもらう必要があります。

警告

メッセージが未読のままです

送信したメッセージが「メッセージ既読までの期限」以内に開封されたなかった時に発生します。

 

警告

デバイス上で端末管理者の設定が無効になっています

Androidデバイス上で、MDMエージェントアプリの端末管理アプリ設定が無効になっていることを検知した時に発生します。

メッセージサービスが利用可能な場合、アクションアイコンからメッセージ送信画面にジャンプすることができます。

 

ユーザがデバイスをロックしました

 

(パーソナルサービス利用時のみ)デバイス利用者によりロックコマンドが発行された時に発生します。

 

警告

ユーザがデバイスをセレクティブワイプしました

(パーソナルサービス利用時のみ)デバイス利用者によりセレクティブワイプコマンドが発行された時に発生します。

 

警告

ユーザがデバイスをワイプしました

(パーソナルサービス利用時のみ)デバイス利用者によりワイプコマンドが発行された時に発生します。

 

警告

デバイスにパスコードが設定されていません

(iOSのみ)管理デバイスにパスコードが設定されていない時に発生します。

管理デバイス上にはパスコード設定を要求するメッセージが表示されますので、デバイス利用者に速やかにパスコードの設定を依頼するなどの対応が必要です。

警告

デバイスのパスコードがポリシーを満たしていません

管理デバイスに設定されているパスコードが、プロファイルによって設定されているパスコードの条件を満たしていない時に発生します。

管理デバイス上にはパスコード設定を要求するメッセージが表示されますので、デバイス利用者に速やかにパスコードの設定を依頼するなどの対応が必要です。

警告

デバイスユーザがApple VPPアカウントを共有しています

2人以上のVPPユーザが同じiTunesアカウントを共有している時に発生します。

アカウントの共有使用をやめるとアラームを削除できます。

警告

デバイスの iTunes Store アカウントが無効になっています

テンプレートが登録されていて、少なくとも1つのVPPアプリがユーザ情報とともに登録されていて、デバイスがiTunesアカウントが無効を返してきた時に発生します。

 

警告

デバイスの iTunes アカウントが Apple VPP登録アカウントと異なります

 

テンプレートが登録されていて、少なくとも1つのVPPアプリがユーザ情報とともに登録されていて、デバイスがiTunesアカウントとVPPサーバがお知らせしてきたAppleのものと異なると返してきた時に発生します。

 

警告

デバイスのSIMカードが交換されました

管理デバイスのSIMカードの交換が検知された時に発生します。

変更されたSIMカードを認証すると、このアラームを解除することができます。

クリティカル

ブックがインストールされていません

ブックのインストールができない時に発生します。

 

 

デバイスにパスワードが設定されていないため、パスワードポリシーを適用できませんでした

管理デバイスにおいて、あらかじめパスワードを設定していない管理デバイスに対してパスワードポリシーを適用しようとした時に発生します。

OSの制限によりWindows 8.1デバイスにパスワードポリシーを適用するためには、あらかじめ対象となる管理デバイスにパスワードが設定されている必要があります。管理デバイスにパスワードを設定した後に再度ポリシーを適用します。

警告 

セレクティブワイプによるデータ削除ができませんでした

 

Windows 7用プロファイルで指定したセレクティブワイプ対象フォルダ内のデータ削除が失敗した時に発生します。

対象フォルダが存在しない、あるいは対象フォルダ内のデータが利用中などの理由が考えられます。対象フォルダの有無や、フォルダ指定が正しいかを確認します。また、管理デバイス上で当該フォルダ内のデータが利用中でないかを確認します。
確認後、右端のゴミ箱アイコンをクリックすることでこのアラームを削除できます

警告

管理者ロックを実行できませんでした。デバイスに命令を送信しましたが、デバイスからエラーが返されました

 

監視対象ではない管理デバイスに、管理者ロックのコマンドが送られた時に発生します。通常、監視対象ではないデバイスには管理者ロックのコマンドを送ることはできませんが、SIMカード交換を検知した際に実行するアクションで「アラームで通知し、デバイスに管理者ロックをかける」を選択していた場合に、監視対象ではない管理デバイスに管理者ロックのコマンドが送られます。

デバイス利用者のアクションとしてアラーム表示されます。確認後、右端のゴミ箱アイコンをクリックすることでこのアラームを削除できます。
※アラームを削除した場合でも、SIMカード交換検知のアラームは、変更されたSIMカードを認証するまでは解除されません。

警告

OSのバージョンに対応しないプロファイルです

プロファイルで設定されている項目の中に、デバイスのOSバージョンに対応していないものが含まれる場合に発生します。

デバイスのOSバージョンに対応していないプロファイル設定をテンプレートから外す対応が必要になります。
AndroidのOSごとに適用可能なプロファイルの詳細については、Androidプロファイルをご確認ください。

警告

インストールされているMDMエージェントはサポート対象外です

 

BizMobile旧MDMで利用されていたバージョンのMDMエージェントアプリが利用されている時に発生します。

Google Play Storeより、最新版のエージェントアプリをインストールしてください。

警告

MDMエージェントのバージョンに対応しないプロファイルです

 

Android5.x以降を搭載したデバイスを、現在Google Playより配付中のAndroid用MDMエージェントアプリを使用してチェックインし、Android4.x以降のみ適用可能なプロファイル設定を適用しようとした時に発生します。

最新版のAndroid用MDMエージェントアプリにバージョンアップする必要があります。
最新版のAndroid用MDMエージェントアプリをご提供いたしますので、弊社までお問い合わせをお願いします。

警告

デバイスオーナーモードのデバイスにのみ対応するプロファイルです

 

Android5.x以降のみ適用可能なプロファイル設定の中で、デバイスオーナーモードのみ適用可能なプロファイルを、標準モードのデバイスに適用しようとした時に発生します。

デバイスオーナーモードのみ適用可能なプロファイルをテンプレートから外す対応が必要になります。

警告

デバイスに許可されていないアプリがインストールされています

禁止アプリ検知に抵触したアプリケーションがインストールされている時に発生します。

デバイス利用者に連絡して、禁止対象のアプリケーションの削除を依頼してください。
メッセージサービスが利用可能な場合、アクションアイコンからメッセージ送信画面にジャンプすることができます。

警告

アプリにアサインできるライセンスが不足しています

ライセンスの数よりライセンスを必要とするユーザのほうが多い時に発生します。

ライセンス数がユーザ数以上になるとアラームは解消されます。

警告

同じ識別子のアプリが既にデバイスにインストールされています

(iOSのみ)アプリケーション登録の際に「自動管理:無効」を選択している場合、テンプレートで配付しようとしたアプリケーションがすでに管理デバイスにインストールされていた時に発生します。

 

警告

アプリがiTunesから削除されたため利用できません

BizMobile Go! に登録したAppStoreのアプリケーションがAppStore(iTunes)から削除された時に発生します。

該当のアプリケーションをBizMobile Go! から削除するか、アプリケーションがiTunesに再登録されるとこのアラームは解消されます。

メジャー

アプリケーションを「Unmanaged(管理外)」から「Managed(管理中)」の状態に変更できませんでした

(iOSのみ)アプリケーション登録の際に「自動管理:有効」を選択し、テンプレートで配付しようとしたアプリケーションがすでに管理デバイスにインストールされていた場合に、BizMobile Go! から管理対象アプリとして上書きしようとして失敗した時に発生します。

「自動管理:有効」を利用できるのはiOS9以降のデバイスのみです。iOS9以前のデバイスでは、上記機能を利用できません。これに該当する場合は、「自動管理:無効」に変更の上、アラーム「アプリがすでにインストールされています。」と同一の対応方法の実施をお願いします。

警告

デバイス上で位置情報設定がオフになっています

位置情報オプションが有効で、位置情報の管理者共有を強制しているにも関わらず、管理デバイスの位置情報取得機能が有効でない時に発生します。

管理デバイス上での操作によって位置情報機能が有効になったのち、BizMobile Go!が位置情報を取得すると、このアラームは解消されます。

警告

デバイス上で位置情報サービス設定が「使用中のみ」になっています

BizGo! Airアプリの位置情報設定が「使用中のみ」に設定されている時に発生します。

この状態では、デバイスの移動に伴う位置情報取得ができません。

BizGo! Airアプリの位置情報設定を「常に」に設定することでアラームを削除できます。

警告

Apple Push証明書の有効期限が7日後に切れます

 

Appleデバイスを管理するために必要なApple Push 証明書の有効期限が7日以内になった時に発生します。

Apple Push 証明書の有効期限が切れるとAppleデバイスの管理が不可能になるため、早急にApple Push 証明書の更新が必要となります。

Apple Push 証明書の更新を行う」をご参照の上、更新作業を行ってください。

警告

Apple Push証明書の有効期限が30日後に切れます

Appleデバイスを管理するために必要なApple Push 証明書の有効期限が30日以内になった時に発生します。

Apple Push 証明書の有効期限が切れるとAppleデバイスの管理が不可能になるため、早急にApple Push 証明書の更新が必要となります。

Apple Push 証明書の更新を行う」をご参照の上、更新作業を行ってください。

警告

Apple Push証明書が登録されていないか証明書の有効期限が切れているためApple デバイスがチェックインできません

Apple Push 証明書がまだ登録されていないユニットで、デバイスチェックインが実施された時に発生します。

 

警告

Apple Push証明書の有効期限が切れています

期限が切れています。
Appleデバイスを管理するために必要なApple Push 証明書の有効期限が切れてしまった時に発生します。

Appleデバイスの管理が不可能な状態となりましたので、Apple Push 証明書の更新やデバイスの再登録等、至急の対応が必要です。

クリティカル

Apple Push証明書が無効になっています

Appleデバイスを管理するために必要なApple Push 証明書が何らかの理由で無効になった時に発生します。

Appleデバイスの管理が不可能な状態となりましたので、Apple Push 証明書の再登録やデバイスの再登録等、至急の対応が必要です。

クリティカル
Apple VPPトークンが他の管理サーバでも登録されているためライセンス管理が正しくできません VPPアカウントが他のMDMサービスにも管理されている時に発生します。 VPPトークンが更新されるか、削除されるとアラームは解消されます。 警告
Apple VPPトークンの有効期限が30日後に切れます 登録済みのApple VPPトークンの有効期限が30日以内に切れる時に発生します。 VPPトークンが更新され、5分経過するとアラームは解消されます。 警告
Apple VPPトークンの有効期限が切れています ユニットのApple VPPトークンの有効期限が切れてしまった時に発生します。 VPPトークンが更新され、5分経過するとアラームは解消されます。 警告
DEPデバイスが再チェックインされました DEPデバイスが再チェックインされた時に発生します。   警告
Apple DEPトークンの有効期限が30日後に切れます DEPトークンが30日以内に切れる時に発生します。 DEPトークンが更新され、DEPの同期が完了するとアラームは解消されます。 警告
Apple DEPトークンの有効期限が切れています DEPトークンが切れてしまった時に発生します。 DEPトークンが更新され、DEPの同期が完了するとアラームは解消されます。 警告
ゼロタッチデバイスが再チェックインされました Androidゼロタッチデバイスが再チェックインされた時に発生します。   警告
配付したプロビジョニングプロファイルの有効期限が切れています テンプレートに登録されたプロビジョニングプロファイルの有効期限が切れてしまった時に発生します。 インハウスアプリがすでに利用できなくなっているため、早急に更新したプロビジョニングプロファイルの用意およびその登録を行うか、インハウスアプリを再ビルドして再登録する必要があります。 マイナー
アプリ組込のプロビジョニングプロファイルの有効期限が切れています インハウスアプリに組み込まれたプロビジョニングプロファイルの有効期限が切れてしまった時に発生します。    
配付したプロビジョニングプロファイルの有効期限が7日後に切れます テンプレートに登録されたプロビジョニングプロファイルの有効期限が7日以内になった時に発生します。   マイナー
アプリ組込のプロビジョニングプロファイルの有効期限が7日後に切れます インハウスアプリに組み込まれたプロビジョニングプロファイルの有効期限が7日以内になった時に発生します。 有効期限が切れるとインハウスアプリが利用できなくなるため、早急に更新したプロビジョニングプロファイルの用意およびその登録を行うか、インハウスアプリを再ビルドして再登録する必要があります。 マイナー
配付したプロビジョニングプロファイルの有効期限が30日後に切れます テンプレートに登録されたプロビジョニングプロファイルの有効期限が30日以内になった時に発生します。   マイナー
アプリ組込のプロビジョニングプロファイルの有効期限が30日後に切れます インハウスアプリに組み込まれたプロビジョニングプロファイルの有効期限が30日以内になった時に発生します。 有効期限が切れるとインハウスアプリが利用できなくなるため、早急に更新したプロビジョニングプロファイルの用意およびその登録を行うか、インハウスアプリを再ビルドして再登録する必要があります。 マイナー